東プレ(TOPRE) REALFORCE 91U(NG0100)

私が現在使用しているキーボードが、この東プレ(TOPRE) REALFORCE 91U(NG0100) です。

私は、いろいろなキーボードを渡り歩いてきましたが、REALFORCE 91U の、一般的な 106 キーボードからテンキー部を削除しただけという配列の素直さと、なによりキータッチの柔らかさが気に入りました。

テンキーはいらないの?

私がテンキーを必要としないのは、元々、テンキーを備えていないノート型を多用してきたことから、それを利用する習慣が身につかなかったためです。

ただし、一部のソフトウェアが、ショートカットキーの組み合わせの一部にテンキーを用いていて、難渋してしまうことも確かです。

しかし、私にとっては、マウスをすぐ横に置いておけるという点や、占有スペースが少なくて済むという点が、その問題を上回ります。

もしテンキーが必要になる場合は、私は、テンキー単体のキーボードを導入するでしょう。

「いや、テンキーは必要だ」という人には、それなりのモデルも用意されています。

とても柔らかいキータッチ

キータッチの柔らかさについては、実は最初、あまりの柔らかさにとまどってしまったくらいでした。

それまでの私には、いつのまにか、キーの上に指を置いて思考してしまうという癖がついていた様です。

特に REAL FORCE の特徴として、一般的なキーボードよりもキーが柔らかい上に、小指で打つ部分のキーはさらに柔らかくなっているので、意図せず a キーを押してしまい「ああああああああああああああ」等と入力されてしまうことが、導入当時には絶えませんでした。

しかし一度なれてしまうと、長時間、あるいは多量にキータッチを行っていても疲れにくい REAL FORCE から、もう他のキーボードへは戻れません。

だけど、万人にはお勧めできません

しかし、このキーボードには、1万円台後半の値段が付けられています。

ちょっと試してみるという訳にはいかないでしょう。

しかし私は、3年以上を、このキーボードと共にしています。

もちろん、これからも。

関連商品

カテゴリ: 未分類 | タグ: , , , |