iTunes 8 と Genius 機能

新 iPod に併せて、iTunes の Version 8 が公開されました。

さっそく Apple Software Update を利用して iTunes 7 から更新をかけたのですが、初見では、あまりの代わり映えのなさに、軽い失望を覚えてしまいました。

ところが、iTunes 8 の目玉機能となる Genuis を利用したところ、その評価が一変しました。

Genuis

この Genuis、二つの機能から成っていて、一つは Genuius プレイリスト、そしてもう一つが Genuis サイドバーと呼ばれるものです。

いずれも、選択しているアルバムや、曲についての情報から、iTunes Store のデータベースを利用して、関連する曲をリストアップするというものです。

ものすごく単純に例えるなら、私がAという曲とBという曲を iTunes に登録していたとして、その情報は、私の同意の下に、iTunes Store へ送信されます(この際、個人情報は収集されません)。そして別の人がAという曲について Genuis 機能を利用した場合、その人に対してBという曲がリストアップされるというものです(実際には、もっと多くのデータが基となるはずです)。

これで、データ上では関係のない曲でも、リストアップしてくれるはずです。

たとえば作詞者も、作曲者も、そして歌手も違う曲だけど、なぜかわからないけれど、セットでライブラリに登録している人が多いとなれば対象となると思われますので、機械的では計り知れない、人の好みというものが介在します。

アニメに最適?

もう一点、これはライトなアニメファンにとっても、価値のある機能となり得るのではないでしょうか。

iTunes Store には「アニメ」というカテゴリが存在しません。そのため、漠然と一覧から曲を選ぶということが不可能でした。

ところが Genuis サイドバーを利用すると、選択した曲に関連した曲をリストアップしてくれるので、アニメ関係の曲を選択すると、やはり「アニメ関係」の曲をリストアップしてくれる様です。

たまたま、高橋洋子さんの「蒼き炎(あおきフランム)」を見つけて、即購入してしまいました。以前探したときは見つからなくて、あきらめてしまっていたのですよね。

カテゴリ: iPhone / iPad |