Alienware M17x での FF14 ベンチ (CrossfireX 有効版)

前回の FF14 ベンチ スコアは Mobility RADEON HD4870 1機の数値でしたが、今回は(無理矢理) CrossfireX が有効となった、Mobility RADEON HD4870 2機構成での数値です。

なお、実現するにあたり、フルスクリーン化ツール(seesaa.net)を利用させていただきました。DirectX への呼び出しをフック、パラメータを差し替える DLL の様ですね。

また、この DLL だけでは、CrossfireX (CFX) がうまく機能しなかったため、他のプログラムのプロファイルを無理矢理当てはめる様、ロードモジュール名の変更なども行いました。

ただし、これらはすべて、保証外の行為です。私も今回、いちど環境が壊れて、一部ソフトウェアを再インストールしなければならなくなったりしました。

また、ごく一部、クロスフェードのシーンでのみ、チラツキが発生しました。

……と、言う訳で、スコアは、以下の通りです。

LOW(1280×720)
SCORE
3421
LOAD TIME
21803ms
HIGH(1920×1080)
SCORE
2676
LOAD TIME
22402ms

Alienware M17xR2 のコンフィギュレーションは、以下の通りです。

  • Core i7 720QM(1.6GHz)
  • Mobility RADEON HD4870CF
  • Windows 7 x64 Pro.

HIGH で 2700 というと、デスクトップでは RADEON HD 5770 や、GeForce GTX260 に匹敵すると言えてしまうでしょうか?

これは、正式対応が待ち遠しいですね。

カテゴリ: Alienware, RADEON |