ソフトウェアメディアの再発行

火災により、ソフトウェアのメディアも焼失してしまいました。

そこで、いくつかのメーカーに対して、再発行の申込を行って見た結果が、次の通りです。

ジャストシステム

今回、最高の対応をしてくれたのは、ジャストシステムでした。

ジャストシステムでは、あらかじめディスク修復サービスというものが用意されており、特に自社の直販サイト「Just MyShop」のゴールド会員、あるいはプラチナ会員である場合は、無償で対応するとのこと。

しかも、ほんの数日で、手元へメディアが到着するという迅速ぶりでした。

ちなみに私は、ATOK等をJust MyShopで購入したことからゴールド会員であったため、すべてのメディアの無償再発行を受けることができました。

なお、Just MyShopの会員ランク詳細については、ランクサービス会員についてをご参照下さい。

Just MyShop(ジャストシステム)

マイクロソフト

ジャストシステムと甲乙付けがたく素晴らしい対応だったのが、マイクロソフトです。

マイクロソフトでは、アフターサービス窓口が対応をしてくれるとのことで、そちらへ電話をかけてみました。

すると、審査が必要となるので、まずは罹災証明書と、ユーザー登録が済んでいない商品については、それを証明するものを電子メール、またはファクスで送って欲しいとのことでしたので、知人の力を借り、その様にしました。ただし購入を証明する書類も焼失していたため、通信販売サイトの購入履歴を、その代わりとさせていただきました。

製品が多かったせいか、あるいは購入証明が適切ではなかったせいか、審査が完了するには、一週間ほどかかりました。

結果、ほぼすべての製品について、プロダクトキーも含め、メディアの再発行を受けることができました。

ただし、数量限定であったMicrosoft Visual Studio 2010 Professional 乗換優待パッケージについては、在庫が無いとのことで、再発行を受けることはできませんでした。これは残念ですが、仕方がありませんね。

アドビ

私は、Adobe Creative Suite 4 Production Premium等を所持しておりました。

実は過去にも、Photoshopのメディア再発行サービスを利用しており、今回も実費で、同様のサービスを受けることを期待していたのですが……。

アドビからの回答は、Adobe Creative Suite 4 Production Premiumはすでにメディアの在庫が無いため、再発行は行わないとのこと。

正直、数十万円するソフトウェアで、この対応は、とても残念に思いました。

しかし、転んでも、タダでは起きません。少し辛抱していたところ、CS5.5 を買って、次期バージョン製品を手に入れよう! キャンペーンが始まっていたことを知り、またADOBE CREATIVE SUITE 早得キャッシュバックキャンペーンの存在も知っていたので、知人の援助もあり、このタイミングで、Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium Windows版 アップグレード版「A」(CS4からのアップグレード)を購入しました。

無償アップグレード申請も済み『「 Production Premium CS6 」 無償アップグレード手続き完了のお知らせ』も届いているので、あとはCS6のリリースを待つだけとなっています。

一方でキャッシュバックのほうは、振り込みには申請から2~3週間とのことで、今のところ、行われていません。

スクウェアエニックス

Alienwareの記事でも幾度か取り上げていたこともあり、実は、あのMMOの製品版を購入していました。

なぜ記事にしなかったかは、まあこの際置いておきますが、とにかくクライアントプログラムのメディアを焼失したので、仮に望んでも、復帰できないということになります。

さて、スクウェアエニックスからの回答は、もう一度購入しろというものでした。

うーん。ネットワークサービスで、クライアントプログラムの再発行(再配布)を行わないというのは、どうなんでしょうね?

カテゴリ: 未分類 |