解決・ポータブックのOffice Mobile プラス Office356 サービスでトラブルに遭遇

Microsoftサポートによる前回の回答は疑問が残ったままであったので、改めて回答を求めたところ、ようやく解決へとたどり着くことができた。

Office365Soloは、契約期間を終了しても保留という状態となるだけで、解約には、サポートへの申請が必要となるそうだ。ユーザー単独では解約を行えないとのこと。

恐らくは、前回の問い合わせ後、Microsoft側でも、独自に調査してくれたのだろう。今回はスムーズに、納得のできる回答を得ることができた。

またOffice365Soloを「解約」することで、Office365Serviceの登録を行うこともできた。

ここで、なぜ現在のアカウントにこだわったかを記しておく。

一番の問題は、当初Microsoftが示した問題回避策では、1TBのOneDriveが、別のアカウントに紐付けられてしまうということだ。

OneDriveはMicrosftのクラウドストレージであるが、複数アカウントを束ねて運用することは想定されていない。

特にWindows 10ではOneDriveがOSへ統合されており、Windows 10で使用しているMicrosoftアカウントとは別のアカウントで1TBのOneDriveが利用できるとしても、利便性が大きく落ちてしまう。これを避けたかったのだ。

もちろん、対処の方法が一切無い訳ではないが、現在のアカウントに紐付けできるのならば、それに越したことはない。

とにかく解決できてよかったと思う。

カテゴリ: Windows | タグ: |