ポータブック液晶パネル破損

あれこれ言って来たが、ポータブックがトンがった製品であることには間違いが無く、ここで個人的な感情を吐露すると、愛着は持っていた。

だからこそ、立ちはだかる問題と対決してきたのだ。

だが、そのポータブックを壊してしまった。

割ってしまった液晶

不注意で破損させてしまった液晶パネル

気付いたのは今朝だ。

何気なく液晶を開き、電源を入れてみて、そこで始めて、液晶パネルにダメージが発生していることに気付いた。

原因は明白だ。キーボードを収納しない状態で液晶を閉じたことで、液晶パネルの一部にストレスが集中し、破損に及んだのだろう。もっとも、その可能性には気付いていたので、注意を払っていたつもりではあったのだが。

pblcd2
キーボードを収納しないままでは想像以上のストレスが液晶パネルの一部分に集中してしまう

仮に修理するとしたら

キングジムは、ポータブックの概算修理料金表を「ポータブック」の修理について | 電子文具の修理についてのご相談 | ファイルとテプラのキングジムとして公開している。これは評価したい。

これによると、液晶パネルの交換には「技術調整料」11,000円(税抜)+「LCDパネル」10,800円(税抜)=21,800円(税抜)が必要となるとのことだ。

また、「ポータブック専用窓口」にも問い合わせてみたが、修理代金に付帯する「~」は、他の部分にもダメージが及んでいた場合(例えば外装パネルまでの破損であるとか、漏れた液晶が他の部品を腐食させていた場合)を想定したもので、液晶パネルの交換のみで済む場合は、表記以上の金額となることはないそうだ。

こちらからは液晶を割ってしまったとしか申告していなかったのだが、サポート担当者から、キーボードを収納していなかったことを言い当てられてしまった。どうやらメジャーなトラブルであるらしい。

どうか皆さんは、末永くポータブックを利用してやって欲しい。

なお文中の金額や条件は、飽くまで私個人という一例に過ぎないことに注意されたい。

カテゴリ: Windows | タグ: |