続・AMD(ATI) RADEONとCintiqの相性問題

3月にAMD Catalyst 11.2とWACOM Cintiq 12WXの相性問題について投稿しましたが、その後、wacom、およびAMD双方のサポートを頼ってみた結果を、いちおう記載しておきます。

結果から申し上げますと、解決には至りませんでした。

実は海外のフォーラムにおいてcintiq no longer working on Windows with radeon card(forum.wacom.eu)という話題があり、その中で「firmware update for the Cintiq12 some years back」という回答があったため、てっきりコントロールボックス交換で済むもの(ユーザーによるCintiqのファームウェア更新は不可能とのこと)と考えていたのですが、wacomサポートからの返答は「日本国内のサポートセンターには現在のところ同様のお問い合わせがなく」という、意外なものでした。

そして、修理として受け付けることは可能だが、まず修理受付場所へのCintiqの送料負担が必要となること、異常が認められた場合は有償修理となること、また異常が認められなければそのまま返却となること、以上とのことでした。

このことから結局、残念ながらCintiq 12WXを手放してしまいました。

ちなみに症状をまとめますと、以下の通りです。

  • Cintiq 12WXをRADEON5850、あるいはRADEON5870と接続し、AMD Catalyst 11.2以降を使用した場合、1024×768を越える設定では、OS起動時にフリーズしてしまう(Cintiq 12WX標準の1280×800では動作不可)。
  • Cintiq 12WXをAlienware M17x(Mobility RADEON 4870)へ接続した場合には、AMD Catalyst 11.2を使用していても、正常動作する。

たしかにレアケースではある様です。あるいは、ファームウェア更新前の、ごく初期のCintiq 12WXにおいて、RADEON5800シリーズと接続した場合のみ発生する不具合なのかもしれません。

しかし、私個人では、これ以上の検証は不可能でした。

もし、同様の問題でお困りの方は、wacomのサポートを頼ってみてはいかがでしょうか。wacomのサポートも、複数の報告が上がるとなれば、同様の問い合わせが無いとも言っていられなくなるでしょう。

なおwacom、およびAMD双方のサポートは、期待した回答内容ではなかったものの、迅速、かつ丁寧であったことは、併せて記しておきます。

カテゴリ: RADEON |