第六世代(6th / 6G) iPod nanoが届いてしまった

iPod nano (1st generation) 交換プログラム申し込みから、はや数週間。

12月27日の21時頃、アップルからのメールが届いていました。

お客様の修理サービス依頼は完了し、交換品の IPOD NANO を 2011-12-27 に送付いたしました。交換品は ヤマト運輸株式会社 で発送されました。配達伝票番号は XXXXXXXXXXXX で 24 時間以内に有効になります。お手元に届くまで 2 営業日お待ちください。 なお、ご依頼の製品が裏面にメッセージが刻印されている iPod または iPad の場合は、こちらの配達伝票番号はご利用いただけません。その場合は、交換品がお手元に届くまで 5 営業日お待ちください。

そしてそこには、見慣れないシリアル番号。恐る恐るそのシリアル番号で製品登録をしてみると、やはり第六世代(6th)iPod nanoとして認識されます。

そして今日、12月28日、アップルケアサービスアンドサポートライン名義の小包を、クロネコが運んできてくれました。

アップルケア サービス アンド サポートライン

箱を開けてみると、そこにはやはり、第六世代(6th)iPod nanoが鎮座しております。

箱の中の iPod nano 6th

銀色の第六世代iPod nanoで、容量は8G。

iPod nano 1st 白 の代わりに iPod nano 6th 8GB 銀

複雑な気持ちです。

Stieve Jobsが、ジーンズのコインポケットから初めて1st iPod nanoを取り出してお披露目したときに受けた衝撃は、6thにはありません。

しかし、容量8GB。

この対応は、評価の分かれるところではないでしょうか。

さて、これまでの流れは、以下の通りとなりました。

カテゴリ: iPhone / iPad | タグ: |