選択されたラジオボタンを prototype.js で抽出

javascript でのプログラミングを楽にしてくれる prototype.js ですが、選択された(:checked)ラジオボタン(input:radio)の調査には、すこし手間がかかっていました。

しかし、prototype.js 1.5 からは「セレクタ」と呼ばれる手法により、DOM 中の Element を選択可能となり、prototype.js 1.5.1 からはさらに、セレクタの疑似クラス(pseudo class)にも対応したため、次の様な書き方ができるようになりました。

var checkedRadioButtons = $$('input[name="hogehoge"]:checked');

説明するまでもありませんが「”hogehoge” という name を与えられた input 要素の中で checked のモノ」というセレクタです。

ただし、「$$」の結果は配列となっていることに注意が必要です。

カテゴリ: 未分類 | タグ: , |