録画対応デジタルTVチューナー専用HDD(SB-HD01-ORST/WH)

Softbank selectionの「録画対応デジタルTVチューナー(SB-TV03-WFRC)」専用を謳う、その名も「録画対応デジタルTVチューナー専用HDD(SB-HD01-ORST/WH)」ですが、興味を惹かれるのは、iVDRカートリッジを採用していること。

ということで、いろいろ試してみることにしました。

録画対応デジタルTVチューナー専用HDDをWindows PCへ接続してみる

録画対応デジタルTVチューナー専用HDDのインターフェースはUSB。

PCのUSBポートへ接続してみると、あっさりと認識してしまいました。

しかし……。

HDDを覗いて見……あれ?

ディスクの管理を開いてみると「未割り当て」領域として認識されてしまっています。

このドライブ自体は、録画対応デジタルTVチューナーでフォーマットしてありますので、少なくともWindowsでは認識できないフォーマットの様です。

Windows側でフォーマットを行うことは可能でしたが、その状態で録画対応デジタルTVチューナーへ接続すると、再フォーマットを求められてしまいました。

iVDRではあるけれど

iVDRは標準フォーマットとしてUDFを採用しています。

UDFであるならばWindowsでも扱えるはずですが、それができないということは、なんらかの細工が施されたフォーマットを用いてるものと思われます。

このため、製品の但し書きの通り、録画対応デジタルTVチューナーで録画した番組を、他のiVDR対応機器で扱うことは不可能でしょう。

念のため、iVDRカートリッジを取り出し、I-O DATAのiVDRアダプターRHDM-US/EXによる接続も試みましたが、同一の結果となりました。

iVDRカートリッジ

ちなみにiVDRカートリッジはHGST製のものでしたが、HGST iS500(0J20917)の同等品であるかは不明です。

HGST iS500は著作権保護技術である「SAFIA」対応であり、それを示すiVDR-Sのマークが記されていますが、録画対応デジタルTVチューナー専用HDDに付属のiVDRカートリッジには、それがありません。

HGSTは5月末、iS500の1TB版であるiS1000と共に、SAFIA非対応のiP1000も発表しています。

つまり、SAFIA非対応であるiP1000の500GB版、iP500と言えるものかもしれません。

結論

9,980円のUSB2.0 iVDRアダプタと500GBカートリッジのセットであるとも言えますが、それはサポート外の使用方法であり、同等製品が1万円ほどで購入できることを考えれば、その意義は薄いと言えます。

やはりその名の通り、録画専用デジタルTVチューナー専用HDDだと考えるべきでしょう。

録画対応デジタルTVチューナー専用HDD関連記事

カテゴリ: iPhone / iPad |