スマホ下取りプログラムその後

私の場合、ソフトバンクプレミアムショップでのiPhone 5契約と同時に、下取り対象としてiPhone 3G手渡ししたのですが、その後になって「スマホ下取りプログラム」に対し、警視庁から物言いが付いたのは、皆さんご存じの通り(ただし、アレは、警視庁がそれだと困るということであって、実際に法に触れると決まった訳では無いことには注意が必要です)。

ともかく、手続きが変更されることになった「スマホ下取りプログラム」ですが、警視庁からの物言い以前に、既に手続きを行った分についての扱いが、宙に浮いた状態となっていました。

そこへ届いたのが「(手続きに必要な情報を)ソフトバンクモバイル(株)とソフトバンクテレコム(株)が共有すること、ならびに送付した下取り対象機種をソフトバンクテレコム(株)が査定下取りすること」への同意書です(「査定」という表現には、下取り価格の変更を行う趣旨ではないことの但し書き付き)。どうやらこの同意書に必要事項を記入し、返送することで、改めて手続きが再開されるというものの様。

さっそく、返送することとします。

カテゴリ: iPhone / iPad | タグ: |