Seasonic Xseries SS-650KMの省電力に驚き

Seasonicの電源、X-SERIES SS-650KMを購入しました。

Seasonic Xseries SS-650KM(と、SS-750KM)は、80 PLUS GOLD認証を受けた、高効率電源との触れ込みで、オウルテックから販売されているものです。

正直なところ、そこまで期待はしていなかったのですが、ワットチェッカーを用いたところ、期待を遙かに凌駕した省電力であることが分かりました。

まず、ハードウェア構成は、以下の様な感じです。

  • ASUS P5Q-E
  • Intel Core2Quad Q9650
  • AMD RADEON HD5850
  • WestanDigital WD3200AAKS×2
  • Seagate ST3500410AS×2
  • その他光学ドライブ等…

あと、これまで使用していた電源ですが、ちょっと無理をさせていたこともあり、フェアな条件ではないので、名前は伏せさせていただきます。

その、今までの電源を使用した状態では、アイドル時:155W/OCCTによるシバき時:400Wという値が表示されました。

次に、Seasonic Xseries SS-650KMへ換装したところ、アイドル時:110W/OCCTによるシバき時:345Wという値が表示されました。

旧電源とSS-650KMの消費電力差
電源名 アイドル時 OCCTシバき時
旧電源 155W 400W
SS-650KM 110W 345W
比較 -45W -55W

……ええと、環境によって具体的な数字は変わるとは言え、-55Wってすごくないですか? と問うまでもなくすごいですね。

ASUS P5Q-EのEPU6Engineを最大に利かせた状態では、100Wを割り込んで、なんと99Wを指し示しています。

また、旧電源では、高負荷時に、3.3vや12vが割り込んでしまうことが多々あったのですが、SS-650KMは、ちゃんと電圧をキープしてくれています。

電源を換えただけで、ここまで変わるとは思ってもいませんでした。