Mac miniにVMWareを利用してWindows 8を入れてみた

DELL XPS M1710へWindows 8をインストールしてみたのに引き続き、調子に乗ってMac miniへインストールしてみました。

MacOS X Lion の上で動作する Windows 8 の図

ちょうど、Lionに対応したVMWare fusion 4が発表されたところ。

と、言うことで、Bootcampではなく、VMWare fusion上へのインストールです。

実はWindows 7上のVirtual PCへのインストールを試みて失敗しているので(おそらく、Virtual PCの仮想マシンがDirectX9への要求を満たさないため)、ドキドキしながらのインストールとなりましたが、結果から言いますと、あっけないほど簡単でした。

まず、VMware fusion 4を起動し、次に「新規作成」を選び、新規仮想マシン アシスタントを表示させます。
VMware Fusion 仮想マシンのライブラリ

新規仮想マシン アシスタントでは、isoファイルからのインストールとなるので、「ディスクを使用せずに続行」ボタンを押します。
新規仮想マシンの作成

「オペレーティング システムのインストール ディスクまたはイメージを使用」を選択し、あらかじめダウンロードしておいたWindowsDeveloperPreview-32bit-English.isoを選択します。
インストール メディア

インストールするオペレーティング システムは、とりあえずWindows 7としておくと良いでしょう。
オペレーティング システムの選択

もしこだわるならば、終了の前に「設定のカスタマイズ」で変更できますが、このまま「終了」でかまいません。
終了

仮想マシンが起動し、引き続いてWindows 8のインストーラーが起動します。
Windows 8 Developer Edition 起動

Windows 7と同様のインストーラーです。英語版ではありますが、「Time and currency format:」で「Japanese(Japan)」を選択することにより、Microsoft IMEが選択され、日本語の表示と入力が可能となります。
Install Windows 言語選択ダイアログ

HDDへのコピーが完了すると、以後はMetroスタイルとなります。アカウントの設定ではWindows Liveが優先されるので、これまでの様なアカウントの作成には、やや手続きが必要となります。
Windows 8 Personalize

一通りの設定が完了すると、もはや有名となったMetroスタイルでのスタートスクリーンが表示されます。
Windows 8 Start Screen

あとはVMware fusionのメニューからVMware Toolsのインストールを選択。少し待つと「DVD Drive (D:) VMware…」というダイアログが表示されるので「Run setup.exe」を選択します。
Choose what to do with software and games dialog

自動的にデスクトップへ切り替わり、VMware Toolsのインストールが開始されますので、ダイアログに従うことで特に問題無く、インストールが完了します。
VMware Tools のインストールウィザードへようこそ

あとは再起動でおしまいです。

ちなみにLionに対応したVMWare fusion 4は、2012年1月31日までキャンペーン中で、安価に入手することが可能の様です。

カテゴリ: Windows |