ポータブックのOffice Mobile プラス Office356 サービスでトラブルに遭遇

投げ売りポータブックで日々遊んでいるのだが、ボータブックそのものではないものの、関連して、とんでもないトラブルが発覚したので、急遽記事とする。

ポータブックレビューでも記載した通り、ポータブックには、MicrosoftのOffice 365 Serviceというものがバンドルされている(Office Mobile プラス Office 365 サービス)。

結論から先に述べよう。

過去にOffice 365 Soloを契約したマイクロソフトアカウントでは、契約が終了した後であっても、二度とOffice 365 Serviceを契約することはできないとのことだ。

「Office Mobile プラス Office356 サービス」とは

「Office Mobile プラス Office356 サービス」とは、ポータブックにプレインストールされているOffice Mobile群を含め、その他スマートフォン/タブレット版Officeを商用利用する権利と、あとはポータブックのカタログが訴える通り、OneDrive 1TBの利用権、そしてSkype無料通話サービス毎月60分ぶんを1年間利用できるものだ。

Office 365 Soloとの違いは主に、デスクトップ版Officeの利用権まで含むかどうかにある。

Office 356 Serviceの問題発覚に至るまで

まずは手続きに従い、ポータブックのパッケージに添付されていたカードに記載されたプロダクトキーを、www.office.con/setup/から入力した。

次に国と言語の選択を行い、これで完了……と、思ったのだが……

申し訳ございません。現在アカウントをセットアップできません
後で同じプロダクト キーで再度お試し下さい。
再度問題が発生する場合は、サポートに問い合わせてください。
エラーコード:ERR_INTERNAL_SERVICE_ERROR
関連付けID: (省略)

……というエラー表示を、www.office.comは吐き出してしまった。

ERR_INTERNAL_SERVICE_ERROR、内部エラーという、通常では想定しない状況に陥った場合のもので、ユーザーには対処のしようが無いものだ。

そこで、まずはテキストチャット経由で問い合わせてみたところ、マイクロソフトアカウントに問題は無い、別のアカウントと間違っているのだろう、テキストチャット経由では(プライバシー情報を扱えないため)対応できないので、電話サポートを利用して欲しい……ということになった。マイクロソフトアカウントは1つしか所持していないのだが……。

そして電話サポートでも、Office 365 Soloの契約が終了しているならば、Office 365 Serviceの契約ができるという回答の上、私の質問が間違っているのではという対応を繰り返されたのだが、最終的にはサポートのオペレーター自身が、私のマイクロソフトアカウントに対してOffice 365 Serviceを付与しようとし、失敗することを確認した。

そして最終的な回答となったのが、上記の通り、過去に1度でもOffice 365 Soloを契約していた場合、Office 365 Soloの契約が終了しても、Office 365 Serviceの契約はできなくなるというものだ。

あまりに信じられない内容で、それが公式な回答と思って良いのかと、念を押したほど。

そして通話履歴を確認したところ、ここまでに50分を要していた。簡単に結論を得ることができなかったことからも、この問題の根深さが分かる。

Office 365 Serviceに対する回答について残る疑問

「Microsoft サービス規約」では、以下の様な項がある。

お客様は、任意の理由で随時特定の本サービスを解約(中略)できます。

お客様の本サービスが解約された場合(中略)の対応について説明します。まず、本サービスを使用するお客様の権利は直ちに終了し、本サービスに関連するソフトウェアを使用するお客様のライセンスも終了します。次に、マイクロソフトはお客様の Microsoft アカウントまたは Skype アカウントに関連付けられた本データまたはお客様のコンテンツを削除するか、その他の方法でこれらと、お客様およびお客様の Microsoft アカウントまたは Skype アカウントとの関連付けを解除します。

つまり、ユーザーは任意にサービスの解約ができ、またその際には、マイクロソフトアカウントとの関連付けも解除するとしている。

しかしOffice 365 Soloの契約が終了したにもかかわらず、過去にOffice 365 Soloを契約していたという理由でOffice 365 Serviceを契約できないのは、関連付けの解除をしていない、つまりマイクロソフト自身が、自社の規約について不履行の状態に落ち居ているのではないかということだ。

これについては追って確認するつもりだ。

追記:解決に至りました