「Office 365 サービス」は現在でも更新可能


「Office 365 サービス」の販売が終了され、Microsoftのサイトにも「この製品は利用できません。Office 365 Solo を購入してください。」というガイダンスが表示されていた。
ポータブックの破損もあり、ライセンス的にはグレーな状態のため、Soloへの移行を決めたのだが、ふとある懸念が頭をよぎった。
過去に述べた通り、元々「Office 365 Solo」を契約していたものを、「Office 365 サービス」へ切り替えたのだが、その際にトラブルに遭遇していた。
そこでサポートに、「Office 365 サービス」から「Office 365 Solo」への移行はスムーズに行えるかと問い合わせてみたのだが、その際に、思わぬ情報がもたらされたので、ここに共有しておきたい。

Office 365 サービスの販売についてはお客様のご存じのとおりすでに提供は終了しているのですが、現在アカウントにOffice 365 サービスがあり、まだご契約が有効なお客様に限っては、自動更新の設定を有効にしていただければ、再度Office 365 サービスとして更新が可能でございます。

もし「契約が有効」で、「Office 365 サービス」の更新を望むならば、サポートに問い合わせてみることをお薦めする。